あすみのろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【pangya】トマホーク・スパイク・コブラショットの特徴およびチップイン難易度について

● 序論
1W, 2W, 3Wのトマホークショット, 1W, 2W, 3Wのスパイクショット, そして今回1Wのコブラショットでのチップインができるようになり、各ショットの特徴が見えてきた。
現段階で私が考えていることをまとめることで、自分がメインとして使っていく特殊ショットを何にするのかが明確になると考えた。



● 各ショットの特徴
① トマホーク
○ メリット
・ パンミしても狙ったところから大きく外れるということがない。
・ 起動が山なりであるため、崖などの障害物を越えることができる。

○ デメリット
・ 横ずれの誤差が大きい。理由として、ショットパワーが大きくなればなるほど横風1mあたりの横ずれが大きくなることがあげられる(fig1参照)。


② スパイク
○ メリット
・ 横ずれの誤差が小さい。横ずれがショットパワーにほとんど依存せずほぼ一定である(fig2参照)。
・ ショットパワーを強めにしても、ビームにあたってチップインすることが多い。
・ 地面負荷を無視することができるため、DIの85%ラフなどで有効である。

○ デメリット
・ パンミするとグリーンにのらないことが多い。下手するとOBになる。

③ コブラ
○ メリット
・ 横ずれの誤差が小さい。横ずれがショットパワーにほとんど依存せずほぼ一定である(fig3参照)。
・ パンミしても狙ったところから大きく外れるということがない。
・ 地面負荷を無視することができるため、DIの85%ラフなどで有効である。

○ デメリット
・ 少しでもショットパワーが強いとビームにはあたるがチップインはしない。
・ ショットパワーを弱めにするとグリーンの傾斜がきついところではビームにあたらずチップインしない。





● 各ショットの考察
① トマホーク
多くの人がチップインに多用しているが、意外と難しい。
ショットパワーによって横ずれがかわるため、私自身チップインの精度はあまりよくない。

② スパイク
個人的にイチオシの特殊ショット。パンミするとひどいが、横ずれさえしっかりあわせることができれば、
多少強めにうってもビームにあたってチップインすることができる。
体感ではあるが、トマよりもビームにあたる確率は高い。
横ずれがSPにほぼ依存しないのも楽でよい。
2W, 3Wトマの練習をするくらいなら、2W, 3Wスパの練習をしたほうがよいと個人的には思う。
3Wスパはパンミしてもそれほどひどい方向には飛ばない。

③ コブラ
最近練習し始めたが、噂通りトマとスパを混ぜたような特徴をもっているショット。
横ずれがSPにほぼ依存しないのはとても楽である。
パンミしてもひどい方向にとばないのはスパにはない大きなメリットではある。
しかし・・・これらの素晴らしいメリットがあるのだが、
「ショットパワーがシビア」
という最大のデメリットが全てを台無しにする。
強めに打ってビームにあたってもチップインしない
弱めにうってもグリーン傾斜があるとはいらない
グリーン傾斜がない場合、もしくはコブラショットでないとチップを狙えないホール(WW9Hなど)で使用するのがいいのかもしれません。

あ、チップインのエフェクトは間違いなく一番かっこいいです。これが最大のメリットかも。
  1. 2011/09/16(金) 18:10:59|
  2. パンヤ
  3. | コメント:0
<<あしたから3日間はおでかけ | ホーム | 【RO】GvG Lydia 2011/09/04>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

プロフィール

Author:あすみ
Mimir鯖で活動しているあすみの日記です。
メインキャラはA>L>Sの支援も殴りもしたいAB。
Dexが初期値なので詠唱が遅いのが欠点。
スキル→わむてるらぶ様

最近はPangyaをしています。
エリカ鯖にいることが多いです。
好きなコースはBM-back3H
コブラショットでチップインして驚かれるのが好きです。

リンクはフリーです。お気軽にどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。